10年後の葬儀をご紹介“いい葬儀”
いい葬儀.com

葬儀の相談・見積・紹介完全無料
フリーダイヤル 0120-961-804
【年中無休24時間対応】

HOME>10年後の葬儀

10年後の葬儀

10年後、葬儀の形態はどのように変わっているのでしょうか。
近年、葬儀は多様化が進み、これまでの形式に捉われない様々な形態の葬儀が行われるようになってきています。
そこで、現在の葬儀の状況を踏まえて10年後の葬儀というものを考えてみましょう。

まず、葬儀の形態については無宗教葬が増えると予想されます。
現在のところ葬儀は仏式を行うのが一般的ですが、葬式を宗教と切り離して考える傾向はますます強まってきており、10年後は無宗教葬を選ぶ人はさらに多くなると思われます。

葬儀の規模については、二極化が促進されると思われます。
結婚式が籍を入れるだけの形式と豪勢な式を行う形式という二極化が進んでいるように、葬儀も簡素な形態と多くの会葬者を集め、お金をかけた形態という二極化が進むと予想されます。
また、家族だけでしめやかに葬儀を行い、大人数を集めた「お別れの会」を改めて行うという、密葬とお別れの会を組み合わせた形態が増えており、今後はこの形態が一般的になると思われます。

会場についてもより選択肢の幅が広くなるでしょう。
ホテルでの葬儀は遺体を遺骨にしてからでないと行えないケースが多いですが、今後は遺体のままでも葬儀を行えるホテルが出てくるかもしれません。

葬儀業界への異業種の参入も相次ぎ、より葬儀の選択肢は多様化していくと考えられます。
葬儀の生前契約も増えるでしょう。
「子供に迷惑を掛けたくない」「葬儀にも自分の意思を反映させたい」という考えの人が多くなってきており、生前契約は増加しつつあります。
また、散骨などの環境葬も今後は増えていくことが予想されます。

自分の人生のピリオドを自分らしく演出する、これまでの形式に捉われない自由な葬儀が10年後には主流となっていることでしょう。

↑ページTOPへ

いい葬儀HOMEいい葬儀HOME

(C)いい葬儀.com